MENU

 

私は現在42歳の某商社に勤務する中間管理職のサラリーマン。

 

お蔭さまで、細々とながらも中学生と小学生の子供を持つ父として、不自由のない生活を送っています。

 

しかし、つい1年ほど前までは、日々あることに悩みながら生活していました。

 

その悩みとは、M字はげ!

 

当時の私の頭がどうなっていたかと言いますと・・・

 

 

M字はげ 改善前

 

 

ご覧の有様でした。

 

元々前髪がくせ毛なのでM字というより、もはや三日月のようになってしまってますね・・・。

 

もちろん、あっという間にこんな姿になってしまったわけでなく、兆候が見られはじめたのは、今考えると20代半ばを過ぎた頃からでした。

 

親父もはげてるし、両親の祖父も薄毛という生粋のハゲ一家。

 

こんな感じだったので、中学校の頃から将来はどうせはげだろうと半分諦めていた私はリーゼントや茶髪などやりたい放題。

 

そのツケがいよいよ来たかと思いましたが、2・3年前くらいからビックリするくらい急速にM字が際立ってきてしまいました。

 

最近でこそ、遺伝以外にも薄毛の原因は生活習慣と関係していると言われるようになりましたが、

 

  • 食生活は三食きちんと食べている(昼は愛妻弁当)
  • 決してバランスが悪い食事ではない
  • 仕事は大変だけど、ストレスを抱えているほどではない
  • タバコも吸わない、酒も嗜む程度
  • 睡眠は平均6時間以上

 

こうした生活習慣による薄毛の原因とされるものには全く当てはまりません。

 

やっぱり遺伝なのか・・・でもいざこうなってしまった姿を鏡で見ると、

 

 

いや、他にはっきりとした原因があるだろ!!!

 

 

そう感じた私は真剣に薄毛の事を調べるようになり、ある結論に辿り着きました。

 

もし、あなたが当時の私とまでいかないものの、原因が遺伝だと思ってどうしようもないと感じているのであれば、

 

 

M字はげの原因はAGA(男性型脱毛症)である

 

 

こう思うことで解決の道が一気に開ける、という事をはっきりお伝えします。

 

なぜなら、私自身、M字はげの原因が遺伝と諦めずにAGAである事を自覚した結果、

 

ある対策をして、このようにM字はげを克服することができたからです。

 

 

M字はげ 改善前

 

矢印

 

M字はげ 改善後

 

 

では、私がどんな対策をしたのか。

 

それは、

 

 

育毛剤を6ヶ月間使い続けること

 

 

これだけを徹底しました。

 

正確に言えば、現在進行中で育毛剤を使い続けていますので、そろそろ1年が経とうとしています。

 

この事を唯一気の許せる薄毛仲間に話すと、「よくAGAクリニックにいかずに短期間でここまでになったな。」と言われますが、

 

当時の私は、正直どのくらいの期間で改善するかなんてわからなかったので、この薄毛が改善されるまで数年くらいかかる事は覚悟してました。

 

だから、定期的に通わなければいけず、費用も高いAGAクリニックという選択肢は最初からありませんでした。

 

でも、結果的に蓋を開けてみたら、たった6ヶ月間という期間で、ここまでM字はげを改善することができたのは驚き以外の何物でもありませんでした。

 

では、そんな私がどんな育毛剤を使ってここまで改善することができたのか。

 

あなたにとっては、まずそれが知りたい情報だと思いますので、私が実際に使った育毛剤を含め、

 

当時検討したが使わなかった商品、また今使っている商品と5つの育毛剤を紹介したいと思います。

 

薄毛を改善した今の私が客観的に分析した結果としてランキング形式で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

M字はげ改善を実現した私が選ぶ育毛剤ランキング

 

 

チャップアップ(CHAP UP)

 

M字訴求

 

私が薄毛対策をはじめてから約1年間使用してきたのが、このチャップアップ。

 

各所での口コミやレビューが良かったから使ってみようと思ったのもきっかけの1つでしたが、

 

  • 全47種類の天然植物成分で、余計な添加物が一切入っていないこと。
  • 1本1万円を切る価格だったこと。

 

決め手となったのは、この2つが大きかったですね。

 

その効果については先程の私の頭を見て頂ければお分かり頂けると思いますが、実体験を通じてM字はげに効果が出た育毛剤という点で第1位に推奨します。

 

 

チャップアップ公式ページへ

 

 

天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>

 

無添加育毛剤イクオス

 

ここ3ヶ月ほど前から使用をはじめたのがイクオス。

 

天然成分で構成されている点では同じだったものの、以前は成分量と価格を比較した時にチャップアップに軍配が上がってました。

 

しかし、大幅にリニューアルしまして、

 

  • 成分が31種類から61種類へ大幅アップしたこと。
  • 1本あたりの価格が大幅に安くなったこと。

 

ぐっと魅力がましたので、チャップアップから乗り換えました。

 

薄毛が改善した今となっては、効果の単純比較は出来ませんので第2位としましたが、

 

もし今当時の状態で最初の育毛剤を使うんであれば、おそらくイクオスを選んでいたと思います。

 

イクオス公式ページへ

 

 

育毛剤BUBKA

 

BUBKA

 

私が最後までチャップアップにと迷ったのが、このBUBKAでした。

 

医薬品のミノキシジルと同等の育毛効果が認められたM-034を60%増量し、業界第一位の配合量です。

 

それでいて副作用の心配がない事を考えれば、発毛力は紹介する5つの中で最も高いと言っても良い育毛剤です。

 

ただ、私が一番ネックとなってしまったのが費用面。

 

長く続けることを考えると、1本1万円超えは個人的に少々きついと感じざるを得ませんでした。

 

ただし、費用面の問題がクリアされる方であれば、チャップアップとイクオス同様に推奨できる育毛剤です。

 

BUBKA公式ページへ

 

 

プランテル

 

プランテル

 

M字はげに特化して開発されたという点で比較対象に上がったプランテル。

 

M字はげの原因である2型5αリダクターゼを効率的に抑制してくれるという点は上位3つと同様なので、成分量を比較して、総合的には第4位としました。

 

ただし、1本で50日使用できるコスパが非常に魅力。費用面を重視したい方にはおすすめしたい育毛剤です。

 

プランテル公式ページへ

 

 

薬用ポリピュアEX

 

ポリピュア

 

プランテル同様にコスパの面では紹介する中で最も良い1本で2ヶ月使える薬用ポリピュアEX。

 

バイオポリリン酸が毛乳頭に直接アプローチすることで育毛を促すという他社とは違ったアプローチをするポリピュアは、

 

5年連続モンドセレクション金賞を受賞している点からも、安心して使い続けられる育毛剤であることは間違いありません。

 

ただ、少量のエタノールが配合されているため皮膚が弱い私にとっては長期的に使用した場合、

 

頭皮への影響が懸念されたため、ここでは第5位としました。

 

ポリピュアEX公式ページへ

 

数ある育毛剤の中から効果の大きいものを選ぶポイント

 

私は、M字はげに危機感を覚えた私は、育毛剤を使って克服することができたわけですが、

 

それが実現できたのも、今となっては正しい育毛剤選びができたからだったなと感じています。

 

というのも、育毛剤と言われるものは、ドラッグストアで購入できるものから通販限定で販売されているものまで合わせると、

 

ざっと数えてみただけでも、およそ400種類近くあります。

 

正直言って、この中からどの育毛剤を使ったら良いかを決めるのは大変ですよね。

 

では、どうして私は数ある育毛剤の中から、結果的に効果のある育毛剤を選ぶことができたか。

 

それは、ここまでお読み頂いたあなたであれば、既にお分かり頂いているかもしれませんが、

 

AGAを改善するためには、2つのことが重要だということに気づいたからです。

 

それは、

 

ヘアサイクルの正常化
発毛促進

 

この2つに働きかけてくれる成分がしっかり含まれている育毛剤であるか、という点でした。

 

まず、ヘアサイクルの正常化の有効成分としては、

 

●センブリエキス
●グリチルリチン酸
●ジフェンヒドラミンHC

 

この3つは最低でも入っていること。

 

これに加えて、発毛促進成分が含まれている育毛剤となると、実はかなり数が限られてきてしまいます。

 

中でも、私は、

 

医薬部外品として医薬品と同等の発毛促進成分が認められたM-034

 

という海藻エキスが含まれている育毛剤を優先して使用を検討しました。

 

このようにヘアサイクルの正常化に加えて発毛促進をすることによって、下記の図のような循環が生まれて、できるだけ早い改善へとつながるわけなのです。

 

 

 

ヘアサイクル

 

(参考画像:イクオス公式HPより)

 

 

 

この他にも髪や頭皮に有効と言われる成分は育毛剤ごとにたくさんありますが、そこまで考えるとキリがないので、

 

後は、トータル的に成分数が多いものを選んだ結果、当時はチャップアップを使おうと決めたわけです。

 

もちろん、そうは言っても、本当に効果を感じるまでは、果たしてその成分が効くのか自信があったわけではありませんでした。

 

でもM字はげの改善が出来た今だからこそ、私が当時着目していた点に間違いはなかったと感じています。

 

あなたが育毛剤を使おうと思っていて、どの商品を使ったらいいのか迷っているのであれば、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

少なくとも、当サイトで紹介している5つの育毛剤であれば、

 

AGA改善に重要なこの2つのポイントはクリアをしているので、この中から、あなたが捻出できる費用も考えた上で、薄毛対策をはじめる育毛剤を選んで下さいね!

 

M字はげ改善に必要な条件をクリアしている育毛剤ランキング

 

 
チャップアップ

M字訴求2

価格 単品購入8,060円(送料込み)・定期コース9,090円
評価 評価5

チャップアップ購入ページはコチラ

 

 

 
イクオス

無添加育毛剤イクオス2

価格 単品購入9,610円・3本セット2万3,544円(1本7,848円)・定期コース6,458円
評価 評価4.5

イクオス購入ページはコチラ

 

 

 
育毛剤BUBKA

BUBKA2

価格 単品購入12,960 円・定期コース5,980円(2回目以降1万1,664円)
評価 評価4

BUBKA購入ページはコチラ

 

 

 
プランテル

プランテル2

価格 単品購入8,840円(送料込み)・3本セット2万2,350円・定期コース6,980円
評価 評価3.5

プランテル購入ページはコチラ

 

 

 
薬用ポリピュアEX

ポリピュア2

価格 単品購入7,800円・定期コース6,800円
評価 評価3

ポリピュアEXの購入ページはコチラ

 

育毛剤の効果が現れた理由はAGAの原因を見れば明らか

 

はっきりとした原因がないのにM字はげが進行している場合は、まずはAGAを疑いましょう。

 

このように言いましたが、何もこれはM字はげだけに限らず、薄毛と呼ばれるもの全体に言えることです。

 

AGAとは、男性型脱毛症と呼ばれます。

 

名前からも想像できるように、男性ホルモンの働きによってヘアサイクルが乱れることによって抜け毛や起こる症状の事です。

 

このAGAですが、日本皮膚科学会のガイドラインを参考にしますと、

 

日本人の場合、20代後半から30歳代にかけて20代後半から30代にかけて徐々に進行をはじめ、そのまま放置しておくと、40代には明らかな薄毛の状態が完成されると言われています。

 

正に私が歩んできた薄毛の歴史と全くピッタリ当てはまりますね。

 

そして、このAGAの体質(ホルモンの体質)が遺伝するということが、最近では明らかになりつつあるのです。

 

私の場合、祖父が薄毛だったので、その体質を引き継いでしまったのかもしれません。

 

あくまで体質なので、薄毛になる部位には個人差があります。

 

ただし傾向としては、私のようなM字又は前頭部全体が後退していくU字(A字)タイプ、

 

あるいは頭頂部から円形状にはげていくO字型タイプのいずれかに当てはまることがほとんどです。

 

●前頭部型(M字・U字)

前頭部型の薄毛

●頭頂部型(O字)

頭頂部型の薄毛

 

逆にこのようなはげ方をしていなければ、他に原因があると考えた方がいいでしょう。

 

例えば、円形脱毛症。

 

これなんかは、豆粒くらいから、大きなものだと500円玉位の脱毛が突如として現れる症状です。

 

場所も1箇所だけでなく、数か所できるのが特徴です。

 

この円形脱毛症は、ホルモンではなく免疫が関係していると言われているので、育毛剤は聞かないですし、仮にAGAクリニックに行ったとしても治りません。

 

ただ、こうしたAGA以外で薄毛になる割合って、あなたが思っているよりもよっぽど少ないんです。

 

こと男性においては、薄毛の原因の約90%がAGAであるとも言われているんですね。

 

特に私やあなたのようにM字にはげていくなんて場合は、ほぼAGAと考えて間違いはない。

 

M字はげの原因はAGAをまず疑いましょうと言った理由がここにあるのです。

 

M字はげの改善は長期戦になるから育毛剤を使うべき!

 

このように原因がAGAだと言うことが予測できれば対策は自ずと見えてきます。

 

AGA対策として重要なのは、

 

  • ヘアサイクルの正常化
  • 発毛促進

 

この2つが間違いなく重要です。

 

後はこの2つの対策をどうやって(どこで)するかという所で選択肢が分かれる訳です。

 

つまり、AGAクリニックに行くか、育毛剤を使うかというわけですね。

 

AGA対策は、この他にも育毛シャンプー、サプリ、生活改善も入れれば細かいものはたくさんありますけど、上記の両方を対策できるのはこの2つの方法だけです。

 

じゃあこの2つの選択肢の何が違うのかって言えば、医師の治療を受けるか(医薬品を使うか)、医薬部外品を使うかの違いになります。

 

AGAクリニックの基本的な治療は飲み薬と塗り薬です。

 

あえて違いがあるように塗り薬と言いましたが、頭皮につけるものなので医薬品の育毛剤と思って頂いて結構です。

 

こうした医薬品は医学的に効果がありますが、同時に副作用のリスクもあります。

 

具体的には、多毛症、肌荒れ、心臓疾患(動悸や狭心症)、男性機能の低下(ED、性欲減退)といった症状例があります。

 

もちろん、個人差はありますし、一度や二度使ったくらいで必ず出る副作用でもないですが、

 

AGA初期の人であっても、最低半年以上は使い続けなければいけませんので、当然ながら副作用のリスクは高くなります。

 

一方、私が使っている医薬部外品の育毛剤はどうでしょうか。

 

残念ながら医薬品ではありませんので、効果に関しては確実であることは公言できませんので、私のように自分でやってみて効果を感じるしかないですね。

 

ただ、副作用に関しては、医薬品のような症状が出ることは医薬部外品にはありません。

 

この副作用がないということは私にとって重要なポイントでした。

 

なぜなら、医薬品同様に育毛剤を使用したからと言って数ヶ月で髪が元通りになることはあり得ません。

 

だからといって、AGAクリニックで処方される薬よりも育毛剤の方が長い間使い続けなければいけないのかと言ったら、私の経験からすればそんなことはなかった訳ですが、

 

いずれにしても、

 

AGA対策で重要となるヘアサイクルの改善と発毛促進の効果が現れるには時間がかかる

 

これは私やあなたを含むAGAで悩む全ての方にとって共通することなのは間違いありません。

 

だったら何を優先するかなんですよ!

 

お金もあってリスクも取れるならAGAクリニックで薄毛治療した方が「効果がある」治療を受けられるので安心でしょう。

 

でも、実際に外資系大手製薬会社のファイザーが2015年に行った意識調査では、AGAクリニックで治療してる人は薄毛で悩む人全体のたった4%しかいません。

 

現実的な問題として、AGAクリニックで治療し続けるのは難しいと考える人が大半という事です。

 

さらにもっと深刻なのが、同じ意識調査で「どうにかしたいけど何も対策をしていない」と回答した人が約30%もいるってことです。

 

あなたも少なからずその一人ではないでしょうか?

 

でもここまでお読み頂いたあなたは、M字はげの原因がAGAであることがほぼ間違いないことがお分かり頂けたでしょう。

 

そして、取るべき対策も分かった。

 

であれば、まずは現実的でリスクのない育毛剤を使ってM字はげ改善の一歩を踏み出しましょう。

 

この一歩が、私と同じように半年後のあなたにつながるきっかけとなりますよ!

 

>>「M字はげ改善を実現した私が選ぶ育毛剤ランキング」に戻る